女性はモテる男が大好き【モテる男の振る舞い】

女性はモテる男が大好き【モテる男の振る舞い】

二極化する男の恋愛

実は、恋愛にはモテる男は更にモテ、モテない男が現状維持していればずっとモテないという事実が存在する。

 

なんとも残酷な世界だがこれには理由がある。

 

モテる男の遺伝子は子孫繁栄の為にとても重要だ。これは何も人間だけの話ではない。

 

動物全体的に、モテるオス=沢山のメスとの間に子孫を残せる能力・魅力を持つオスの遺伝子はメスにとって一番欲しい遺伝子なのだ。

 

浮気をする男は嫌い。ほとんどの女性は言葉でそう語る。

 

しかし、そんな子に限って浮気をしまくるチャラ男に振り回されるという光景を見た事がないだろうか?

 

人は本能には逆らえない。

 

頭ではわかっていても魅力的な遺伝子を持つオスに嫌でも惹かれてしまうのだ。

 

元々は人間も一夫多妻性の生き物。女性が群がるモテ男に惹かれてしまうのは本能的に仕方のない事なのだ。

 

だからといって、著者は浮気を推奨するわけではない。動物にはない理性を持ち、社会性を持つ人間にとって浮気というのは男女ともにメリットがある行為とは言えない。

Advertisement

モテる男の振る舞いを真似る事でモテるようになる

 

さて、女性はいったい、男のどこを見てモテると感じるのだろうか?

 

学校や職場でのコミュニティにおいてはわかりやすい。

 

ではなく、1:1で女性が魅力を感じる(=モテる男だと感じる)男性とはいったいどういう人なのか。

 

例えば、女性慣れしてる事。

 

目をしっかり見れるとか、緊張して会話のテンポが早まらない、声が高くならないだとかそういったノンバーバルな振る舞い。

そういったモテる男の振る舞いは著者が過去に記載した恋愛コラムを見て欲しい。

 

モテる男を想像してみよう。

 

沢山の女性から毎日のようにLINEが来る。飲みの誘いや遊びの誘い。そんなあなたは1人ひとりの女性にどう対応するだろうか?

 

沢山の女性から好意の目で見られ、話かけられる。そんな状態に疲れを感じているあなたは、1人ひとりの女性にどう対応するだろうか?

 

間違いなく雑になる。気が向いた時にLINEを返し、既読スルーや未読スルーが当たり前になる。淡白で短文の返信。画面一杯の長文で返したりしないだろう。

デートの日程調整で俺はいつでも空いてるなんて言わないだろう。

 

また決して少しの好意にがっついたりはしないだろう。

 

女性が好意を持って話しかけてきた時、満面の笑みで嬉しそうに対応しないだろう。

 

そういう態度に女性は本能的にモテる男を感じ、そしてその態度に女性は感情を動かされる。頭の中はあなたの事で一杯になり、あなたに振り向いて欲しくて追いかけ始めるのだ。

 

加えてそれを見た周りの女性達も触発されモテが更にモテを呼ぶ。

 

この事実は、女性がよく言う「追われると冷める」と言う言葉と「余裕のある男が好き」と言う言葉によく表されている。

 

モテる男は追わないし、身の回りに女性が沢山いるからガッツかない。そんな態度が本能的に女性を惹きつける要因になるのだ。

 

常日頃からモテる男ならどう対応するだろうかと意識して欲しい。

 

そしてこの態度は可愛くて魅力的な女性であればあるほど惹きつける事ができる。

 

Advertisement

あなたは魅力的な女性の日常を知っているだろうか?

著者の妻は大学時代、都内のローカル駅から著者の家までの30分の道のりで3人にナンパされたと言っていた。

 

繁華街に出ればもっとナンパされるだろう。

1年間で300日外出するとして1日3人にナンパされたとすると単純計算で年間900人の男性からアプローチされる事になる。

 

あなたの気になっている女性がもし可愛かったらそれだけの男からアプローチされていると思った方が良い。

 

ナンパなどの出会いは基本的に男からアプローチしていく状態。最初は男が追わざるを得ない。

 

もし、そんなひっきりなしに男に追われる魅力的な女性から話しかけられたり、LINEが来て、それにあなたがモテる男の振る舞いで返したらどうなるだろうか?

 

間違いなく、この人は他の男とは違う と良い意味で差別化されるのだ。そして興味が増していく。そしてその女性のプライドも相まってあなたを振り向かせようと追いかけてくる。

 

 

初めは勇気がいるかもしれない。でもモテる男の振る舞いを真似る事は本能的に女性を惹きつける上で避けては通れない事。

 

こんな態度とったら嫌われてしまうだとか、もっと丁寧にLINEしないと興味を失われてしまう。といった類の感情が捨て去られた時、あなたは間違いなくモテる男になっている。

Advertisement

恋愛コラムカテゴリの最新記事