恋愛に苦しむあなたへのメッセージ

恋愛に苦しむあなたへのメッセージ

彼女ができない悩み。頑張っているのに、女の子をデートに誘っても断られる。

 

 

自分の魅力や存在価値を疑って苦しむ。

 

 

著者にも痛い程その気持ちがわかる。

 

 

著者について(生い立ち)でも書いたが、モテないダサ男だった中学高校時代は本当に苦しかった。

 

 

なんで、誰も自分を好きになってくれないのだろう?そんな想いに涙した事もあった。

 

 

今では、自分の奥さん以上に見た目がタイプな子は居ないと言い張れるくらいの女性と結婚する事ができたし、既婚者になった今でも女の子から遊びやサシ飲みの誘いがある。

 

正確に言えば、誘われるというよりも、誘わせている、追わせているという表現の方が妥当なのだが。もちろん著者が既婚なのは相手も知っている上での話。

 

 

著者の書いている恋愛コラムは、この成長過程で試行錯誤して得てきたものなのだ。

 

 

だがしかし、今でも、苦しかったその当時の孤独感は絶対に忘れる事はない。

 

 

見た目を改善し、少しばかりモテる様になった時の話だが、中学高校とモテなかった反動から複数の女性にアプローチをしていた事がある。

 

 

見た目がまだまだ発展途上ではあったが、自分の見た目が刺さらない女性からは、デートの誘いを断られる。LINEの返信がこなくなる事が幾度となくあった。

 

 

その度に心が折れた。

 

悔しくてたまらなかった。

 

 

断られる毎に大きな精神的ダメージを受けた。

 

 

なんで、俺じゃダメなんだ。

 

 

努力しているからこその悔しさもあった。

 

 

でも、失敗こそ大きな成長の糧となるチャンスなのだ。

 

 

自分のアプローチを冷静に振り返って欲しい。

 

 

 

好きな子に振られた直後は感傷に浸るのは仕方ない。誰しもが冷静さを失う。

 

でも、しばらくしてから振り返って欲しい。

 

その子との距離感はどうだったか?

 

相手の内面を会話の中で引き出せていたか?

 

軽口が言い合える関係性が構築されていたか?

 

相手からパーソナル部分への興味の質問があったか?引き出せていたか?

 

相手からの好意よりも自分の好意が大きくなってしまっていなかったか?それが相手に伝わってしまっていなかったか?

 

自分の中に一度でも成功体験があれば、それと比較してそのアプローチの何が悪かったかをしっかり検証して欲しい。

 

もちろん、モテる為の本や著者の恋愛コラムを参考にしてもらっても良いが、人は自分が経験し考察して得た知識やノウハウの方が自然と身につくのだ。

 

 

そして、振り返った後に気がつくだろう。

 

女性がどんな言葉を取り繕うと、

 

アプローチの失敗の原因は常に必ず自分にある事を。

 

 

チャラ男や女好きがモテている姿を見た事がある人も多いだろう。

 

 

彼らは物心ついたときから何度も何度も失敗を繰り返し、必然的に難解な女性に対応できるようになっているからモテるのだ。

 

 

男が女に振られるのは大したことじゃない。生物学的にどのオスにも必ず訪れること。

 

そんな意識を持ち合わせて欲しい。

 

そして、必ず自分の中に原因を探して欲しい。

 

相手のせいにした瞬間、あなたは成長しなくなる。

 

相手に好きな人が居たから?そんなの関係ない。

 

相手に彼氏が居たから?それも関係ない。

 

あなたのアプローチの精度が上がれば上がるほど、その女性に好きな人が居ようが彼氏持ちであろうが必ずあなたを追いかけてくる。

 

それは著者も経験済みだ。

 

 

男は沢山失敗して、悔しい思いをして、それを糧にして魅力的な男になる。

 

そして最後に、アプローチの失敗はあなたの振る舞いに問題があっただけで決してあなたの存在価値を否定するものではないという事も頭に入れておいて欲しい。

 

人は誰もが魅力の伸び代をもっている。

 

現時点での位置が低くても、それは大きく変化できるチャンスがあるという事。

 

辛さや悔しさに耐えきれず、2次元やアイドルに逃げてしまう草食系と言われる男が増える中で、

 

自分自身に向き合い、辛さから逃げずに一生懸命自分を磨こうとしてこのブログに出会ったあなたなら、必ず女性が追いかけてくる魅力的な男になる事ができる。

 

男に生まれたのなら、沢山失敗して悔しい思いをして経験値を積み、女性を惹きつける魅力を磨いていこうじゃないか。

 

 

恋愛コラムカテゴリの最新記事