根拠のある化粧水を選ぼう・ビタミンC誘導体を解説&オススメ化粧水6選【モテる男の肌ケア】

根拠のある化粧水を選ぼう・ビタミンC誘導体を解説&オススメ化粧水6選【モテる男の肌ケア】

根拠のある化粧水を選ぼう・ビタミンc誘導体を徹底解説

ニキビ跡の赤みや色素沈着、紫外線によるシミ、シワ、肌のくすみ、毛穴の開き等の肌トラブルは尽きない。

これらの肌の悩みにビタミンCが良い事を知っている人は多いと思う。

ビタミンCが肌に吸収された場合の美肌効果

ビタミンCの美肌効果

  • シミ・ニキビ跡の色素沈着を防ぎ、すでに色素沈着した部位を目立たなくする
  • コラーゲン生成を助けニキビ跡の凹凸・シワを内側から整える
  • 毛穴を引き締め、皮脂の過剰分泌を抑制する
  • 老化などの原因である活性酸素を防ぐ
  • 血行を促進し肌のターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)を正常化

参考:ロート製薬 スキンケア研究所

 

しかし、実はビタミンCは皮膚に浸透・吸収されにくく、空気中で壊れやすいのだ。

CheckビタミンCは肌に浸透・吸収されない

皮膚は水溶性の成分を弾き吸収を妨げる為、水溶性のビタミンCは単体では肌に吸収されない。

また、ビタミンCは単体では空気中で壊れやすい性質を持っている。

これらの問題を解決し、皮膚に浸透・吸収しやすく改良したものがビタミンC誘導体だ。更に、安定性も向上している為、空気中で壊れにくい。

ビタミンC誘導体の効果

参考:分子デザインされたビタミンCの知られざる働き/伊藤忍 著

本記事では、ビタミンCの持つ美肌効果を最大限に発揮するビタミンC誘導体の選び方・効果のないビタミンC誘導体などの注意事項・オススメの化粧水を紹介する。

肌の悩みを抱えている・化粧水の効果がわからない・化粧水選びに悩んでいる、そんな人は是非参考にして欲しい。

Advertisement

色々あるビタミンC誘導体

ビタミンCを改良したビタミンC誘導体には沢山の種類がある。

様々な企業、大学の研究機関がビタミンC自体がもつ肌への効果を最大限に発揮できるように改良を重ね、新たなビタミンC誘導体を作っている。

その為、一言でビタミンC誘導体と言ってもそれぞれが持つ特徴は様々だ。

ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体の特徴は大きく3つに分けられる。

親水性(=水に溶けやすい性質)を持ち、化粧水など水分が多い物に配合される

  • リン酸-L-アスコルビン酸ナトリウム(=AP)
  • リン酸-L-アスコルビン酸マグネシウム(=AP ナトリウムと同様にAPと呼ばれる)
  • アスコルビン酸-2-グルコシド(=AG)
  • アスコルビン酸エチル(=VCエチル or 3-O-エチルアスコルビン酸)

親油性(=油に溶けやすい性質)を持ち、乳液など油分が多い物に配合される。

  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(=テトライソパルチミン酸アスコルビル)
  • ステアリン酸アスコルビル

両親媒性(=水と油の両方に溶けやすい性質)を持つ

  • パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(=APPS or アプレシエ)

カッコ内()に記載したのは別名。※化合物の名称は様々な為これに限らないが代表的な呼び方を記載した。

肌で機能しないビタミンC誘導体があるので注意しよう

肌で機能しないビタミンC誘導体の例

  • アスコルビン酸-2-グルコシド(=AG)
  • アスコルビン酸2-硫酸(AA-2S)

アスコルビン酸-2-グルコシド(=AG)に代表されるグルコシド型のビタミンC誘導体は肌の奥でほとんど機能しない。

なぜなら、人は肌にグルコシドを外す酵素がごく僅かしかない。つまり、グルコシド型ビタミンC誘導体は肌でほとんどビタミンCに変換されない。

その為、肌から吸収されたグルコシド型ビタミンC誘導体は血流に乗り、グルコシド分解酵素を比較的多く持つ小腸でビタミンCに変換される。

またアスコルビン酸2-硫酸(AA-2S)に代表される硫酸型ビタミンC誘導体に関しては、グルコシド型よりも更に機能しない。

グルコシド型ビタミンC誘導体と硫酸型ビタミンC誘導体は、価格が安い為、今だに化粧品に配合されている事があるので注意しよう。

ビタミンC誘導体比較

参考:分子デザインされたビタミンCの知られざる働き/伊藤忍 著

Advertisement

オススメのビタミンC誘導体

著者がオススメするビタミンC誘導体はVCエチル3-O-エチルアスコルビン酸APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)だ。

VCエチル(3-O-エチルアスコルビン酸)の特徴

VCエチルの特徴は以下の3つ。それぞれの詳細を解説する。

VCエチル 3つの特徴ビタミンC含有量が高い
持続性がある
酵素反応を必要としない

以前は資生堂が特許を持っていた為、その他メーカーの市販化粧品に配合されることは稀であったが、VCエチルの特許が切れた為、VCエチルが配合された化粧品が広く出回ることになった。

ビタミンC含有量が高い

各ビタミンC誘導体におけるビタミンC含有率はそれぞれ異なる。

ビタミンC含有量が高ければ、低濃度で沢山のビタミンCを肌の奥に届ける事ができる為、価格も安く抑える事ができる。

VCエチルのビタミンC含有量は86%

その他のビタミンC誘導体であるリン酸アスコルビルマグネシウム(含有量:60.8%)、テトラへキシルデカン酸アスコルビル(含有量:15.6%)、APPS(含有量:31.4%)と比較すると圧倒的に高い。

持続性がある

VCエチルは72時間以上ビタミンCとしての効果を発揮し続けると言われている。

酵素反応を必要としない

VCエチルは通常のビタミンC誘導体とは異なり、そのままの形でビタミンCとしての効果を発揮できる。

つまり、通常のビタミンC誘導体に比べ即効性が期待できるのだ。

参考:肌のクリニック,ロート製薬 スキンケア研究所

APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)の特徴

APPSの特徴は以下の3つ。それぞれの詳細を解説する。

APPS 3つの特徴高い浸透性
高いコラーゲン合成促進機能
安定性と価格に難あり

昭和電工が開発したAPPSはアプレシエという商品名で各化粧品会社に販売されている。APPSの特徴は水溶性と親油性の両方の特徴を持ち合わせたビタミンC誘導体であること。

高い浸透性

APPSはビタミンC誘導体の一種であるアスコルビン-2-グルコシド(=AG)と比較して約100倍の肌への浸透力がある事が報告されている。

高いコラーゲン合成促進機能

APPSの高い浸透性からコラーゲンの合成促進機能も高い。アスコルビン酸-2-グルコシド(=AG)と比較し約6倍のコラーゲン合成促進をすると報告されている。

APPSの弱点

APPSの弱点は安定性と価格である。ビタミンCよりは安定性が高く浸透力とコラーゲン合成促進に優れるのだが、VCエチルなどと比較するとその安定性は劣るとされている。

また、価格が高価な為、比較的高価な化粧品に用いられている。

合わせて読みたいAPPSを改良した新型ビタミンC誘導体・Funcos C-ISに関してはこちらの記事を参考にして欲しい。

尚、APPSの実験データは昭和電工のホームページで公表されている。

Advertisement

化粧品の成分表を確認しよう

化粧品の成分表にVCエチルまたはAPPSが配合されているかを確認する。

成分表では基本的に略式名称では記されないので

VCエチルなら3-O-エチルアスコルビン酸、

APPSならパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

と表記されている事が一般的だ。

略式表記と成分表での表記
・VCエチル = 3-O-エチルアスコルビン酸
・APPS = パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

化粧品の成分表は基本的に含有量の高い順から記載してあるが、配合量が1%未満の成分は順不同で記載する事が許されている。

その為、その化粧品に何%ビタミンC誘導体が配合されているのかを見極めるのは難しい。

ビタミンC誘導体が何%配合されているかを明記している化粧品はより信頼性があると言える。

成分表の表記配合量の多い順
1%未満は順不同

ただし、ビタミンC誘導体が高濃度だから良いという訳ではない。一般的に高濃度のビタミンCが肌で働くと刺激性を示すと言われている。

その為、比較的高濃度なビタミンC誘導体を含む化粧品は皮膚科で処方している。

深刻な肌の悩みがある場合は迷わず皮膚科を受診する事をお勧めする。

【まとめ】ビタミンC誘導体の特徴

VC(=ビタミンC)としての能力・肌への浸透力・保存安定性・ビタミンC誘導体単体での価格に着目すると、それぞれの特徴は以下の通りだ。

ビタミンC誘導体 特徴のまとめ

APPSは優れる点が多いのだが、価格と安定性の点においてはVCエチルの方が優勢だ。

よって、ビタミンC誘導体初心者にはVCエチルをオススメしたい。

オススメのビタミンC誘導体配合肌ケア化粧品6選

これから紹介する6つのビタミンC誘導体化粧品は普段使いの化粧水などにプラスαで使うことも可能だ。普段のスキンケアに是非ビタミンC誘導体を取り入れてみてほしい。

今回は有名な化粧水であるケシミン(しっとりもちもちタイプ)を比較の基準としている。

(※ケシミンのしっとりもちもちタイプはビタミンC誘導体としてAGを使用、さっぱりすべすべタイプはVCエチルを使用している。同じ商品名でもタイプによって配合される成分が大きく変わるのでしっかり成分表を確認しよう)

黄色の字で示しているのは、その化粧水が配合しているビタミンC誘導体の種類

価格の安さ
ビタミンC( = VC)として発揮できる能力の期待値
その他、化粧品としての機能性(美肌効果)の期待値

を☆で比較している。

※あくまでも期待値なので効果を保証するものではなく、参考程度に捉えて欲しい。

それぞれのビタミンC誘導体配合化粧品の特徴を解説する。

メラノCC 薬用しみ対策美白化粧水

メラノCC薬用しみ対策美白化粧水の解説

メラノCC薬用しみ対策美白化粧水は、

VCエチル(3-O-エチルアスコルビン酸)を配合している上に価格も安い。

手軽に手に入るオススメのビタミンC誘導体配合の化粧水だ。

また、肌の炎症を抑える抗炎症成分であるグリチルリチン酸ジカリウムを配合している。

ビタミンC誘導体は皮脂を抑える為、乾燥肌になりやすい。その点、メラノCC美白化粧水しっとりタイプは高保湿にこだわっているのも嬉しい点だ。

※メラノCC製品の美容液・保湿クリームは残念ながらビタミンC誘導体としてグリコシル型ビタミンC誘導体(AG)を配合しているので注意。

有効成分

3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)、グリチルリチン酸ジカリウム

引用:ロート製薬公式ホームページ

こんな人にオススメ

  • 手軽にビタミンC誘導体を取り入れたい
  • 化粧水を安く抑えたい

ナノ化粧水 ディープモイスト

イヴデュフランナノ化粧水ディープモイストの解説

イヴデュフラン・ナノ化粧水ディープモイストは、

VCエチル(3-O-エチルアスコルビン酸)とAPPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)贅沢にも両方配合した化粧水。

値段も高くなく、かつレビューでの評価も高い。@cosme評価7点満点中5.8点

全成分

水、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)、スクワラン、水添レシチン、クスノキ葉油、ニオイテンジクアオイ油、パルマローザ油、ショウズク種子油、グレープフルーツ果皮油、アオモジ果実油、ニンジン種子油、アルテミシアパレンス花油、バロスマベツリナ葉油、酢酸トコフェロール、PPG-8セテス-20、フェノキシエタノール

引用:イヴデュフラン公式サイト

こんな人にオススメ

  • APPSとVCエチルを両方取り入れたい
  • 化粧水を安く抑えたい
Advertisement

メディプラスゲル

メディプラスゲルの解説

メディプラスゲルは、

VCエチルを配合オールインワンジェル(=化粧水・乳液・美容液・クリームをこれ一本で担う)

防腐剤等を使用せず、肌への優しさを追求している。尚、モンドセレクションで6年連続金賞を受賞している。

値段も手頃で、これ一本でスキンケアの全てを担えるので、スキンケアに何を使ったら良いかわからないといった人にオススメだ。

全成分

水、グリセリン、BG、ベタイン、ジグリセリン、温泉水、1,2-ヘキサンジオール、メチルグルセス-10、セラミドNG、セラミドAP、セラミドAG、セラミドNP、セラミドEOP、ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、水溶性プロテオグリカン、3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)、クコ果実エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、レモングラス葉/茎エキス、オウゴン根エキス、ノイバラ果実エキス、ナツメ果実エキス、カンゾウ根エキス、クズ根エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、アケビエキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、アーチチョーク葉エキス、加水分解シルク、加水分解エラスチン、ユズ種子エキス、ナンバンクサフジ種子エキス、α-グルカンオリゴサッカリド、グリシン、タウリン、リシンHCl、アラニン、ヒスチジンHCl、アルギニン、セリン、プロリン、グルタミン酸、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、フェニルアラニン、アボカド油、スクワラン、グリコシルトレハロース、DPG、アラントイン、グリチルリチン酸2K、加水分解水添デンプン、アルカリゲネス産生多糖体、PCA-Na、プロパンジオール、ペンチレングリコール、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、カルボマー、フィトスフィンゴシン、水添レシチン、フィトステロールズ、水酸化K、水酸化Na、トコフェロール

引用:メディプラス公式サイト

こんな人にオススメ

  • 全スキンケアを1本で済ませたい
  • ビタミンC誘導体にプラスαの美肌成分も欲しい

バナー原稿imp

期間限定公式サイトより購入した場合に限り、1000円OFF & 30日間返金保証付き

ビタプロVC30 ピュアセラム

ビタプロVC30ピュアセラム の解説

ビタプロVC30 ピュアセラムは、

VCエチル(3-O-エチルアスコルビン酸)を高濃度30%で配合している。

ビタミンC誘導体の配合率をしっかりと記載している信頼できる化粧水の1つだ。

ただし、高濃度のビタミンC誘導体は肌に刺激を起こす可能性があるので、レビューや公式サイトでしっかり詳細を確認してから購入することをオススメする。

全成分

BG、3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)、グリセリン、プロパンジオール、 パントエアバガンス/リンゴ果汁/ウメ果実発酵エキス、 アラントイン、(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K

引用:シーエスシー公式shop

こんな人にオススメ

  • 濃度の高いものを使いたい
  • 普段使いの化粧水にプラスαで使いたい

EXCプラチナクリーム

EXCプラチナクリームの解説

EXCプラチナクリームは、

紹介しているビタミンC誘導体配合化粧品の中で最も高価でビタミンC誘導体の含有量が高い。

4種類のビタミン誘導体APPSVCエチル、EPC、TPNaを配合している。保湿力に力を入れている為、乾燥しがちなビタミンC誘導体の欠点をうまく補っている。

全成分

グリセリン,水,ホホバ種子油,パーム脂肪酸グルタミン酸Na,ジメチコン,パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS),トコフェリルリン酸Na(TPNa),フラーレン,(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K(EPC),3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル),パルミトイルトリペプチド-5(シンコル),パルミトイルペンタペプチド-4(マトリキシル),アセチルテトラペプチド-2(チムレン),アセチルテトラペプチド-9(ダーミカン),アセチルヘキサペプチド-8(アルジレリン),トコフェロール,デキストラン,カルボマー,ポリアクリル酸Na,PVP,ポリソルベート20,フェノキシエタノール,1,2-ヘキサンジオール,水酸化Na,ダイズタンパク,加水分解コメタンパク,スーパーオキシドジスムターゼ,ユキノシタエキス

引用:エクセレントメディカル

こんな人にオススメ

  • 濃度が高い物を使いたい
  • 保湿力が欲しい

b.glen QuSome Lotion

ビーグレンQuSomeローションの解説

b.glen QuSome LotionはVCエチルを配合。

さらに世界初の独自技術「charged QuSome」を用いる事で浸透性に加えて貯留性(成分がとどまる性質)を強化している。

経皮吸収性の比較試験

【経皮吸収性の比較試験】
 試験開始6時間後の人工皮膚切片の蛍光画像による吸収評価(試験番号:NDR-CO-14111201KD)
出典:ビーグレン公式サイト

charged QuSomeの詳細を確認する

全成分

水, プロパンジオール, BG, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, ジステアリン酸PEG-23グリセリル, ラフィノース, スクワラン, ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12, 3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸,3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル), オリゴペプチド-24, ピリドキシンHCI, アラントイン, ゲンチアナ根エキス, アッケシソウエキス, フカスセラツスエキス, コレステロール, グリセリン, エチルヘキシルグリセリン, 乳酸, ステアラミドプロピルジメチルアミン, フェノキシエタノール, EDTA-2Na

引用:ビーグレン公式サイト

こんな人にオススメ

  • 高機能化粧水を使いたい
  • 浸透性の他に貯留性も欲しい
公式サイト購入限定万が一肌に合わない、効果に満足できない場合、365日間返品・返金保証付き(※公式サイト限定)

オススメするビタミンC誘導体化粧品のまとめ

メンズにオススメ・ビタミンc誘導体配合の化粧品徹底比較

●メラノCC 薬用しみ対策美白化粧水[Amazon]
●イヴデュフラン ナノ化粧水[Amazon]
●メディプラスゲル[公式サイト]
●ビタプロVC ピュアセラム美容液[Amazon]
●EXCプラチナクリーム[Amazon]
●b.glen Qusomeローション[公式サイト]



Advertisement

参考文献

ビタミンC誘導体について更に詳しく知りたければアイティーオー・プロビタミンリサーチセンター所長 伊藤忍氏の著書であるプロビタミンC―分子デザインされたビタミンCの知られざる働き」をオススメする。

本記事を作成するにあたり、同氏の書籍を参考にさせて頂いた。

ただ、科学的データに基づいたやや難解な記述をしている。ビタミンCを別名アスコルビン酸という事を知っているレベルの知識があれば難なく読み進められるはずだ。

●APPSを改良した新型ビタミンC誘導体に関しては以下の記事で解説している。

Advertisement

肌ケアカテゴリの最新記事