【最新型ビタミンC誘導体・APISを解説】APPSの欠点を改良【配合化粧品も紹介・メンズスキンケア】

【最新型ビタミンC誘導体・APISを解説】APPSの欠点を改良【配合化粧品も紹介・メンズスキンケア】

新型ビタミンC誘導体を解説

ビタミンC誘導体は根拠のあるオススメの美容成分だ。

ビタミンCが肌の奥で作用すると皮脂分泌抑制(テカリ防止)・コラーゲン合成促進(凸凹ニキビ跡・小じわ)・毛穴の引き締め・メラニン合成阻害(シミ・くすみ)・皮膚の生まれ変わりを正常化する事が知られている。

しかし、残念ながらビタミンCは肌に浸透・吸収されない。

それを改善し、肌にビタミンCが浸透・吸収できる様に改良したものがビタミンC誘導体だ。

そして、ビタミンC誘導体には様々な種類があり、それぞれが持つ能力の差が激しく、中には全く美肌効果を得られないビタミンC誘導体が存在する事を以前の記事で紹介した。

ビタミンC誘導体全般の解説に関しては以下の記事を参考にして欲しい。

数あるビタミンC誘導体の中でも特に優れた能力を示すAPPS。

しかしながら、安定性と価格に欠点があるためAPPS配合化粧品の使用を控えてきた人も多いだろう。

ビタミンC誘導体 特徴のまとめ

参照:ビタミンC誘導体を解説

そんなAPPSの欠点を改良し、更にビタミンC誘導体としての能力を向上させた新型ビタミンC誘導体・Funcos C-IS (APIS)が東洋ビューティの研究チームによって開発された。

本記事では従来型ビタミンC誘導体の欠点を改良し、能力を更に高めた新型ビタミンC誘導体・Funcos C-IS(APIS)を解説する。

加えて、Funcos C-IS (APIS)を配合した最新の化粧品を紹介する。

安定性と価格の面からAPPS配合化粧品を敬遠していた人には是非参考にして欲しい。

Advertisement

APPSが抱える3つの問題点

APPSが抱える問題点は以下の3つだ。

APPS 3つの問題点冷蔵保存が必要
消費期限が短い
配合化粧品が高価

APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)は従来のビタミンC誘導体よりも

肌への浸透力・皮脂抑制・コラーゲン合成促進・毛穴引き締め・メラニン抑制等の

ビタミンCが持つ能力を最大限に発揮する事が知られている。

しかしながら、APPS配合化粧品は冷蔵保存が必要&製造から短期間で使用しなければならないという欠点があった。

また、APPS自体が比較的高価なため配合化粧品も高価になるというデメリットも抱えていた。

いくら効果が期待できるからといって、高価でありながら短期間で使い切る必要があるAPPS配合化粧品はユーザーにとって大きな負担であった。

3つの問題を解消したFuncos C-IS (APIS)

●安定性と消費期限の問題を解消

APPSの安定性を向上させたAPIS

APPSの安定性が劣る理由は、パルミチン酸部位にあるとされている。

パルミチン酸部位はpHと水に対する安定性が悪く、水を多く含む化粧水に配合すると壊れやすい。

その為、APPSを化粧水に配合した場合はすぐに使い切る事が推奨されている。

Funcos C-IS(APIS)は、水に不安定な部位を排除する事で安定性を大幅に向上させている。

参考:東洋ビューティ公式サイト, JC Cosmetic

●配合化粧品は比較的安価

APPS自体が高価であるのと同時に、APPSはpHや水の影響を受けやすく、商品開発する際の処方に細心の注意が必要だ。

その為、取り扱いが難しくAPPS配合化粧品は高価になる傾向にあった。

その点、Funcos C-IS(APIS)は安定性が大幅に向上したことから、安価に配合化粧品を開発できるようになった。

Funcos C-IS(APIS)はAPPS配合化粧品と比較し、安価なものが多い。

Advertisement

APPSの特徴を引き継ぐ浸透力

APPSの大きな特徴は肌への浸透力であった。

APPSの浸透力は従来型ビタミンC誘導体であるアスコルビン酸-2-グリコシド(AG)の約100倍と言われ、数あるビタミンC誘導体の中でもトップクラスだ。

新しく開発されたFuncos C-IS(APIS)の浸透力はアスコルビン酸の約200倍とされている。

Funcos C-IS(APIS)の浸透力はAPPSの約2倍と表記されている広告もあるが、根拠となるデータが見当たらないため、APPSに劣らない浸透力と理解した方が良いだろう。

APPSの能力を更に高めたビタミンC変換力

ビタミンC誘導体が、肌に浸透してからビタミンCに変換されなければ美肌効果は得られない。

アスコルビン酸2-グリコシド(AG)がほとんど美肌効果が得られない理由は、肌にグルコシド分解酵素がほとんど存在しないので、肌でビタミンCに変換されない為だ。

アスコルビン酸2-グリコシド(AG)と比較した時、APPSのビタミンC変換率はかなり優れている。

その理由は、肌に豊富に存在する酵素を利用しているからだ。

ただし、APPSはビタミンCに変換されるまでに、2つの分解酵素(エステラーゼとフォスファターゼ)が必要だった。

それを改良しFuncos C-IS(APIS)は1つの分解酵素(フォスファターゼ)でビタミンCに変換される。

つまり、APPSと比較した時、Funcos C-IS(APIS)は更に効率的にビタミンCとして働く事ができる。

メンズにオススメ化粧水・ビタミンC誘導体Funcos-C ISと酵素

参考:化粧品成分オンライン, 佐野クリニック,Effect of a Novel Ascorbic Derivative, Disodium Isostearyl
2-O-L-Ascorbyl Phosphate, on Normal Human Dermal Fibroblasts against Reactive Oxygen Species

【まとめ】Funcos C-IS(APIS)の特徴

APPSを改良した部分をまとめると以下の様になる。

メンズにオススメ化粧水・ビタミンC誘導体Funcos-C ISとAPPS比較

Funcos C-IS(APIS)はビタミンCとしての美肌効果を更に高め、安定性を高める事でより実用的なビタミンC誘導体となっている。

また、APPSの最大の特徴であった肌への浸透力も持ち合わせており、オススメできるビタミンC誘導体だ。

メンズにオススメ化粧水・Funcos-C ISの特徴まとめ2

Advertisement

Funcos C-IS (APIS)配合【最新化粧品4選】

VCシリーズ

VCシリーズの化粧水VCローションと保湿クリームのVCビタールはFuncos C-IS(APIS)を配合している。

公式サイトではVCシリーズを安く試せる一週間スターターキットがあるので、気になる人は試してみることをオススメする。

VCローションの成分表
水、ペンチレングリコール、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(Funcos C-IS(APIS))、レチノイン酸トコフェリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、トコフェロール、サリチル酸、セイヨウオトギリソウエキス、オウレンエキス、カンゾウ根エキス、セイヨウハッカ葉エキス、オウバクエキス、アルギニン、クエン酸、グリセリン、BG、フェノキシエタノール、EDTA-4Na
引用:VCシリーズ公式サイト
初回限定特価公式サイトから購入した場合に限り、初回限定で通常価格6,500円→1800円

グラングレースローション

Funcos C-IS(APIS)を配合している上に、保湿成分としてセラミドとヒアルロン酸を加えている。

ビタミンCが肌の奥で作用すると皮脂が抑制される。その為、乾燥肌の人にはよりしっかりとした保湿が必要になる。

その点、グラングレースローションは保湿にこだわっているのが嬉しい点だ。

グラングレースローションの成分表
水、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィ トステリル/オクチルドデシル)、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(Funcos C-IS(APIS))、トコフェリルリ ン酸Na、レチノイン酸トコフェリル、デカルボキシカルノシンHCl、ノナペプチド-1、加 水分解ダイズタンパク、オリゴペプチド-34、アセチルデカペプチド-3、ポリクオタニウム -61、オウレンエキス、1,2-ヘキサンジオール、水添レシチン、ラウリン酸ポリグリセリル -10、トコフェロール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、デキストラン、ヒドロ キシエチルセルロース、ヒアルロン酸Na、クエン酸、クエン酸Na
引用:グラングレース公式サイト
初回限定特価公式サイトから購入した場合に限り、初回限定で1400円OFF
Advertisement

ビューティーオープナージェル


ビューティーオープナージェルはFuncos C-IS(APIS)を配合したオールインワン化粧品。

ビタミンC誘導体だけではなく、加水分解卵殻膜のほか、プラセンタエキス、セラミド、スクワラン、プロテオグリカンを配合し肌に潤いを与える処方になっている。

ビューティーオープナージェルの成分表
水・グリセリン・プロパンジオール・ジメチコン・エタノール・(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー・加水分解卵殻膜・水溶性コラーゲン・加水分解ヒアルロン酸・加水分解エラスチン・セラミドNP・セラミドNG・セラミドAP・水溶性プロテオグリカン・スクワラン・グリセリルグルコシド・グルコシルヘスペリジン・イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(Funcos C-IS(APIS))・乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液・グリシン・プラセンタエキス・カラスムギ穀粒エキス・コルクガシ樹皮エキス・(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー・キサンタンガムクロスポリマー・水添レシチン・フィトステロールズ・酸化銀・BG・DPG・ペンチレングリコール・PEGー32・ヒドロキシエチルセルロース・炭酸水素Na・フィチン酸・ポリソルベート60・香料・フェノキシエタノール
引用:オージオ公式サイト
お得情報公式サイトから購入した場合に限り、定期購入お申し込みで900円OFF

プラチナVCセラム


プラチナVCセラムはFuncos C-IS(APIS)配合の美容液。

製造販売元はFuncos C-IS(APIS)を開発した東洋ビューティ株式会社が行なっている。

Funcos C-IS(APIS)に加えAPPSも配合している。その為、高価な化粧品の部類に入る。

プラチナVCセラムの成分表
水、グリセリン、BG、白金、プラセンタエキス、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(Funcos C-IS(APIS))パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)、アスコルビルリン酸Na、α-アルブチン、オリゴペプチド-34、ヒアルロン酸Na、紅藻エキス、褐藻エキス、緑藻エキス、メリアアザジラクタ葉エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、カミツレ花エキス、ニンファエアアルバ花エキス、オウゴンエキス、加水分解アルギン、ウンデシレノイルフェニルアラニン、レシチン、ダイズ油、1,2-ヘキサンジオール、システイニルプロアントシアニジンオリゴマー、水酸化Na、クエン酸Na、オレイン酸Na、アルギン酸Na、ポリ-γ-グルタミン酸Na、パルミトイルプロリンNa、ポリアクリル酸Na、キトサン、ナイアシンアミド、セテアリルグルコシド、ヒドロキシエチルセルロース、カラギーナン、PVP、DPG、EDTA、フェノキシエタノール
引用:プラチナVCセラム公式サイト
初回限定特価公式サイトから購入した場合に限り、初回限定でスターターキット1,800円
合わせて読みたいビタミンC誘導体化粧品・全258商品を比較したランキングはこちらの記事で確認してほしい。

 

Advertisement

肌ケアカテゴリの最新記事