【化粧水に1滴加えるだけ】あなたの化粧水の能力を更にUPする方法【メンズスキンケア美容液】

【化粧水に1滴加えるだけ】あなたの化粧水の能力を更にUPする方法【メンズスキンケア美容液】

化粧水の能力を上げる方法

もっと美肌効果が欲しいけど、今までの化粧水も捨てがたい。

高い化粧水を新しく買うのには抵抗がある。

そんな時、普段あなたが使っている化粧水にプラスαして加えて欲しいのが原液美容液だ。

原液美容液を加える事で、使い慣れた化粧水の能力を更にアップする事が可能だ。

そして数ある原液美容液でオススメするのがVCエチルだ。

VCエチルは、肌に浸透できないビタミンCを改良して、肌に浸透することができるようにしたビタミンC誘導体の一種だ。

VCエチルの特徴は以下の3つ。

VCエチル 3つの特徴ビタミンC含有量が高い
持続性がある
酵素反応を必要としない

数あるビタミンC誘導体の中でもVCエチルは特に浸透力と機能性に優れ、

ビタミンCが本来持つ肌のテカリ・ニキビ跡・毛穴の開き・シワ・シミへのアプローチ力を最大限に発揮するように設計されている。

ただし、ビタミンC誘導体は皮脂を抑えるので、乾燥肌の人はしっかりと保湿しよう。

ビタミンC誘導体(VCエチル)に関しては以下の記事で詳しく解説している。

プラスα原液美容液 ビタプロVC30

ビタプロVC30

VCエチルを普段使いの化粧水に加える際、オススメなのがビタプロVC30ピュアセラムだ。

ビタプロVC30は原液美容液で、水も防腐剤も配合していない化粧水の原料に近いアイテムだ。

そのため、化粧水にVCエチルを加えるのに最適なアイテムと言える。

ビタプロVC 3つの特徴かつてない高濃度VCエチル配合
高いコストパフォーマンス
肌を考え抜いた処方

構成成分の30%がVCエチル

ビタミンC誘導体化粧水を使ってもその効果が実感できないと感じたことはないだろうか?

ビタミンC誘導体化粧水は様々な種類が発売されている。しかしながら、実はその配合量は非常に少ない。

化粧水の配合成分の配合量は、成分表に配合量の多い順から記載されているが、ほとんどの場合構成成分の大部分が水だ。

また、具体的な配合量はほとんどの場合公表されていない。

市販されているビタミンC誘導体化粧水の多くはビタミンC誘導体配合量が5%未満だ。

ちなみにビタミンC誘導体5%以上の化粧水は皮膚科で処方され、市販される事はほとんどない。

その点、ビタプロVCピュアセラムのビタミンC誘導体(VCエチル)濃度は30%。

化粧水に混ぜる事で、ビタミンC誘導体の濃度を飛躍的に向上させる事が可能なのだ。(※高濃度過ぎるビタミンC誘導体は肌に刺激をもたらす事があるため注意が必要)

POINT市販のビタミンC誘導体化粧水の濃度はほとんどが5%未満の含有量
ビタミンC誘導体が5%以上の化粧水は皮膚科で処方されている
ビタプロVCのビタミンC誘導体(VCエチル)濃度は30%
原液美容液を混ぜると濃度が飛躍的にUP

一滴で顔全体をカバーする高いコストパフォーマンス

ビタプロVCピュアセラム の使用感

ビタプロVCピュアセラムの容量は12mL。美容液としては非常にコンパクトだ。

しかし、非常にのびの良いテクスチャーで写真の量で顔全体をカバーできる。著者の場合4ヶ月ほどで1本使い切る。

値段を月換算すると1ヶ月 600円程。

(公式サイトでは1ヶ月分として販売されているが、化粧水と混ぜる事で4ヶ月程持つようになる)

これだけの機能を追加できると考えると、非常にコストパフォーマンスに優れていると言える。

また、ビタプロVCピュアセラムには水が一切配合されていない。

その分美容成分を詰め込んでいる理想的な原液美容液だ。

POINT水の配合一切無し。真の原液美容液
機能性に対して非常に安くコスパが良い

肌の事を考え抜いた防腐剤オールフリー処方

化粧水の品質を長時間保つためには防腐剤などの添加が必要な場合が多い。

しかし、実は防腐剤には肌の刺激となる成分が少なくない。時に、化粧水を使って肌が荒れるのは防腐剤など肌には不必要な添加剤によって引き起こされている。

ビタプロVCは石油系界面活性剤、合成着色料、合成保存料、合成香料、鉱物油、等々の17の肌に不必要な成分をカットすることに成功している。

加えて、日本人の肌でパッチテストを重ね、肌に刺激が起きない事を確認している。(※全ての人に刺激が起きないとは限らないので注意)

POINT肌に悪影響を及ぼす防腐剤等の成分を徹底的にカット

まとめ

ビタプロVCピュアセラム のすすめ【メンズスキンケア美容液

原液美容液を化粧水に加える事で、更に能力UP。原液美容液だけでもOK

VCエチルはビタミンC誘導体の中で特に優れている肌のシミ・シワ、凸凹ニキビ跡、赤いニキビ跡、テカリ肌、毛穴の開きに悩んでいるのならビタミンC誘導体(VCエチル)は特にオススメ。

ビタプロVC 3つの特徴かつてない高濃度VCエチル配合(30%)
高いコストパフォーマンス。1ヶ月600円程度 4ヶ月分の容量(化粧水と混ぜた場合)
肌を考え抜いた処方。防腐剤等17の肌に不要な成分をカット

※ビタミンC誘導体(VCエチル)は皮脂を抑えるため、乾燥肌の人は高保湿な化粧水を使うか保湿ケアを行おう。

【ビタプロVC全成分】
BG、3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)、グリセリン、プロパンジオール、パントエアバガンス/リンゴ果汁/ウメ果実発酵エキス、アラントイン、(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K

今あなたが使っている化粧水に原液美容液を加える事で更なる美肌を目指そう。

肌ケアカテゴリの最新記事